【2020年版】マラソンでサブ4達成を目指す<おすすめランニングシューズ5選>

スポンサーリンク

サブ4を達成するために必要なシューズの機能とメーカー別おすすめシューズを厳選紹介!

何時間も走り続ける「フルマラソン」というスポーツの性質上、いかなる道具よりもシューズがランナーに与える影響は大きいものです。

 

培った力を100%、120%発揮するには、目標に合ったランニングシューズを使う必要があります。

 

今回は、サブ4を達成するのに求められるシューズの機能を踏まえ、人気ブランド5メーカーの中から厳選したランニングシューズを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ランニングシューズの選び方

サブ4を目指している皆さんであれば、既に知っている方もいるかもしれませんが、シューズ選びの中でも非常に重要なポイントですので、復習として目を通してみて下さい。

 

サイズを合わせる

マラソンは世界的に人気のあるスポーツです。

 

そのため、ランニングシューズを扱うメーカーは国内・海外と様々であり、全てのメーカーが日本人に合わせたサイズ感というわけではありません。

 

メーカーによるサイズに違いに加え、足の長さ、太さ、形によっても最適なシューズサイズは違ってきますので、しっかりと理解をしておきましょう。

 

サイズ選びのポイントとしては以下の2点です。

 

1.足長(踵からつま先までの長さ)と足囲

 

2.足型(エジプト型、ギリシャ型、スクエア型)

 

足長と足囲

サイズの大方の目安は足長(踵からつま先までの長さ)と足囲を正確に計測し、それにシューズサイズを合わせることで選定できます。

 

計測方法とサイズ早見表がこちらのサイトに載っていますので参考にしてみて下さい。

正しいシューズサイズの測り方-RUNNETショップ
正しいシューズサイズのはかり方

 

足型

足長と足囲と合わせて、自分の足型をしっかりと理解しておきましょう。

 

足型は大きく3種類に分類することができます。

 

自分の足の指を見てみて下さい。

 

どの指が一番長いですか?

 

足の指の長さによって、足型を判別することができます。

 

1.親指が最も長い型(エジプト型)

日本人の60%~80%がこの足型だそうです。

 

足先が広めのシューズが特にフィットします。

 

おすすめメーカー

アシックス、ミズノ、ニューバランス

 

2.人差し指が最も長い形(ギリシャ型)

エジプト型に次いで多い足型です。

 

欧米の方に多い足型ですが、近年、日本の環境が欧米に近くなったため、日本人もこの足型が急増してきていると言われています。(管理人はギリシャ型です)

 

エジプト型に比べると足先が狭くなるため、欧米向けのメーカーも選択肢として入ってきます。

 

おすすめメーカー

アディダス、ナイキ

 

3.全ての指が同じ長さ(スクエア型)

大抵の方は、エジプト型かギリシャ型に分類されますが、高齢の方に稀に見られる非常に珍しい足型です。

 

メーカーもスクエア型に合わせたシューズを量販はしていないため、この足型の方は専門店での試履きをおすすめします。

 

スポンサーリンク

シューズに必要な機能

サブ4達成のためのランニングシューズに求められる機能は以下の3点です。

 

1.クッション性

着地の際に地面から受ける衝撃を軽減します。

足への負担を出来る限り少なくすることができます。

 

2.反発性

バネのような反発力によって、小さな力で前へと進む推進力を生み出します。

省エネの走りを実現できます。

 

3.軽量性

言葉のとおりシューズの軽さです。

高いクッション性、反発性を維持しながらギリギリまで軽量性にこだわり、シューズの重量による身体的・精神的なストレスを解消しましょう。

 

特に重要となるのは、クッション性と反発性ですが、軽量性も可能であれば意識するようにすることをおすすめします。

 

ただし、サブ3ランナーやトップランナーが履く片足重量200gを切るようなシューズは、スピード機能を重視する代わりにクッション材が少なかったりするため選択肢からは外しましょう。

 

スポンサーリンク

おすすめランニングシューズ

ここからは、各メーカーの中でも、サブ4を目指すランナーに特におすすめしたい厳選シューズを1品ずつ紹介していきます。

 

<アディダス編>

アディゼロジャパンブースト4

 アディダス(アディダス) アディゼロ ジャパン 4 ワイド EG3373

出典:https://www.amazon.co.jp

アディゼロジャパンブーストの主な特徴

1.ミッドソール一面にアディダスオリジナル素材BOOST(ブースト)フォームを使用
➡反発性とクッション性、耐久性を共存させている。

 

2.オープンエアメッシュをアッパーに使用

➡高い通気性を確保しており、快適性に優れている。

 

3.バランスの良い万能型シューズ

➡日本の名シューズクリエイター大森敏明氏とのコラボにより生まれ、マラソンに必要な機能を高水準で備えている。

 

<ナイキ編>

ズームフライ3
出典:https://www.amazon.co.jp
ズームフライ3の主な特徴
1.最高のクッショニング
➡流行りの厚底タイプ。NikeReactミッドソールと軽量で耐久性に優れたフォームがクッション性と反発力を両立。

 

2.踵部分が外側に沿った形状

➡アキレス腱まで包み込むような形状により、高いフィット感とサポート力を発揮。

 

3.押し出される感覚

➡カーボンファイバー製のプレートが内蔵されており、まるで下り坂を走っているような推進力を得ることが可能。

 

 

<アシックス編>

ダイナフライト4
出典:https://www.amazon.co.jp
ダイナフライト4の主な特徴
1.ADAPT MESH(アダプトメッシュ)をアッパー部分に搭載
➡通気性、フィット性、軽量性を高いレベルで実現。

 

2.ミッドソールに「FLYTEFOAM Lyte」を搭載

➡高水準のクッション性と反発性に加え、耐久性をも備える。

 

3.アウトソールがフラットな形状になっている

➡ピッチ走法のランナーに特に向いており、足への負担が大きく軽減できる。

 

<ミズノ編>

ウエーブエアロ17
出典:https://www.amazon.co.jp
ウエーブエアロ18の主な特徴
1.WAVE DUELプレート
➡独自の高反発プレートの採用により、少ない力で抜群の加速力を得ることが可能に。

 

2.伸び止め補強材によるブレ対策

➡横の動き(ブレ・ぐらつき)に強く、レース終盤でも足がまっすぐ進む安定感に優れている。

 

3.日本人の足型にフィットしやすい

➡つま先の空間に余裕がある作りになっており、日本人に多いエジプト足型に最適な構造となっている。

 

<ニューバランス編>

HANZO C

 

出典:https://www.amazon.co.jp

HANZO Cの主な特徴

1.アウトソールにDYNARIDE(ダイナライド)の使用

➡プラスチック素材にマキビシのようなラバーを組み合わせた形状となっており、高い反発力とグリップ力を搭載している。

 

2.ミッドソールに「RAPIDREBOUND」と「REVLITE」

➡反発性に優れたRAPIDREBOUND(ラピッドリバウンド)とクッション性・軽量性に優れたREVLITE(レブライト)の組み合わせにより、高い反発性、クッション性、軽量性を備える。

 

3.日本人の走りを徹底的に調べシューズに反映

➡日本人の走り方、足型を調べつくし、日本人がマラソンを走るために最適なシューズをコンセプトに設計されている。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、マラソンにおける最重要アイテムであるシューズをご紹介しました。

 

どのメーカーも企業の威信を賭けて、最高のランニングシューズを作るために日々研究を続けています。

 

その技術の結晶の中には、必ずあなたにピッタリのシューズがあるはずです。

 

自分に合った最高のシューズを手に入れ、サブ4達成にむけて頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました